バイクでGO!パクセーからサラワンへ

サラワン県の見どころを紹介していきます!

サラワン県って?
サラワンはラオスの南部に位置し東西がベトナムとタイに接する県です。
ベトナム戦争の際には大きな被害を受けましたが、
その後人々の努力により新しい街づくりが行われた為、
比較的新しい街になっています。

山がちな北部に比べると平地の多い南部は道がなだらかなので、車やバイクでの移動がおすすめです。

チャンパーサック県のパークセーから出発し、
民芸品で有名な村やバックパッカーに人気の滝などに寄り道しながら、サラワンに向かうルートを紹介していきます🛵💨

 

ホアイフンタイ村とカトゥ族

チャンパーサック県からサラワン県に入るとすぐにホアイフンタイ村があり、
村の中心にはカトゥ族の伝統的な家屋をモチーフにした織物製品販売センターがあります。

カトゥ族とは
ラオ・トゥン(山腹ラオ人)に属し、カトゥ語を話す精霊信仰の民族。
ラオスの民族は居住域の標高差により「ラオ・ルム」「ラオ・トゥン」「ラオ・スン」の3つの民族に分けられます。

ビーズが織り込まれた色とりどりの織物製品を、
世界的に見ても珍しい『からだ機(後帯機)』という織り機を使い、村の女性たちが実際に織っているところを見ながら買物を楽しむことができます。

◆詳細情報◆
正式名称:ホアイフン・タイ村
住  所:Ban Hoay Houn Tay, Laongam DisitrictI, Saravan Privince
オススメ:織物製品

タート・ロの滝

もう少し北東へ進むと「タート・ロ」という滝があります。
付近にはバンガローやカフェが集中しているので、
バックパッカーたちに人気の観光スポットになっています。

バンガローの中でも特にオススメが「タート・ロ・ロッジ」という宿泊施設です。
このロッジではなんと象が飼われており、
象の背中に乗って付近をゆらゆらと散歩することもできます。

◆詳細情報◆
正式名称:タート・ロの滝とタート・ロ・ロッジ
住  所:Ban Tanglea, No.20 Rd, Lao Ngam District, Ban Laongam
オススメ:象とお散歩

サラワン県の3大名物

サラワン県にはラオス人なら殆どの人が知っている三大名物があり、
いずれも地元のみならず県外の人からもとても人気があります。
サラワンに行く場合は是非3つとも制覇してみてください!

ピンガイ・ナポン(ナポンの焼き鳥)

コンセドン群ナポン村の焼き鳥。
それぞれの家庭の秘伝のタレにつけた焼き鳥が国道13号線沿いで販売されています。

ラムウォンサラワン(サラワンダンス)

サラワンの歌詞の音楽に合わせて踊るダンスで、結婚式などでは必ず踊られます。
覚えやすい振り付けでラオス全国で好まれています。

ラオカーオムアンコン(コンセドンの焼酎)

コンセドン群ナペンハイ村のもち米で作った蒸留酒です。
美味しいと評判ですが、お酒なので運転をする人は気をつけてくださいね(笑)

終わりに

以上、パクセーからサラワンにかけての紹介でした。
南部の田舎町ですが陽気で親切な人々とのふれあいを楽しむことができる街なので、
ラオス南部を旅する予定のある方は是非行ってみてください。

関連記事

  1. エメラルドの池!バンビエンとブルーラグーン